妊娠を希望していると、いろんなことにアンテナを張り巡らせて少しの違いにも敏感に察知できるものです。
それが神経質になりすぎてしまうと、楽しみにすべきことがだんだんと苦痛になってきてしまうことでしょう。
私も経験、あります。
ちょっと違うと、『あれ?これは妊娠の兆候!?』と考えてしまうことが多くありました。
変に期待しすぎても辛いし、でも敏感に察知しても良いことだし・・・。
難しいさじ加減ですね。
そこで、生理なのか、そうでないのかを見極められると気持ちも楽になるかもしれません。

スポンサーリンク

生理なのかな?違うのかな?


妊娠すると、確かに生理のような感覚に陥ります。だるさだったり、気分だったり、出血だったりと、人それぞれ、妊娠の度にも違うかと思います。
必ずしも同じということはありませんが、目安としてその違いを紹介していきたいと思います。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

生理の時期だと思っていたけど・・・。


妊娠がわかる時期に、ちょうど生理予定日だということが多くあると思います。
不順だったり、ストレスだったりで簡単に変化する生理間隔。
変化してしまうということを念頭に、でもしっかりと生理が順調にきているかをチェックすると不安も減ることと思います。

それでもわからないことってあります。

生理だと思っていたら何か様子がおかしい。たとえば出血量が少なかったり、期間がいつもより短かったり。
そんな場合は『着床出血』である可能性があります。

妊娠は、受精し、着床して始まっていきます。
その着床した時に、出血する場合もあるということです。

それも、ひとそれぞれ、妊娠によっても違うようです。
チクチクする痛みを感じるという方もいるようです。

以上のことから生理予定日に出血があったから確実に生理だということではありません。
基礎体温をつけていれば、記録の通り生理であるのでしょうが、基礎体温をつけていない状態だと確定はできないことなのです。

それだけ、しっかりと察知していかなければいけないということですね。
女性は大変ですね。でも、誰よりも味わえる幸せも手にできるのかもしれませんね。

▲目次に戻る

妊娠超初期の生理痛のような痛み


さて、上記でもお話したように妊娠超初期には生理痛のような痛みを感じる方もいます。
ちょっとチクっとしたなという程度の痛みのことが多いようです。

妊娠が体の中で確定されて、ホルモンの分泌が活発になることにより現れる症状のようです。
しかし生理痛によく似ているため判断がつきにくいことと思います。

超初期であっても、強い薬などには気をつけるべきだということもよく聞かれます。
実は私は化学流産を経験していますが、妊娠が発覚し、喜んでいたのもつかの間、少しの痛みを感じつつも「そんなこともあるよ。」と経産婦さんの声ばかりを頼りにしていたために、大量に出血し、化学流産ということになってしまいました。

化学流産は、たまたま妊娠が発覚できたくらいに思っていて良いほどの超初期の段階で妊娠が継続できなかったことだと言われました。妊娠としてカウントしなくて良いかもとも言われました。ですが私としてのショックはカウントするしないなんてことにできないほどのものでした。

この流産は防ぎようがないものかもしれません。でも、もしものために、この妊娠超初期から自分の体に気を遣うことも大切なのかもしれません。

妊娠の可能性があるなら、生理痛のような痛みもよく観察して、何か疑問や変化があれば医師に相談することがベストだと思います。
ママのからだだけでなく、これから育っていく赤ちゃんのことも大切にする、はじめの一歩ですね。

▲目次に戻る

妊娠超初期と似ていること似ていないこと


妊娠超初期と生理痛はにているというお話をしてきましたが、人それぞれということも頭に入れておくべきだと思います。
そうした中で、私自身の体験談もお伝えしようかと思います。

私は三回出産していますが、なかなか妊娠できない日々に苦悩した一人目と、考えの通りに妊娠した二人目、予想外に恵まれた三人目と、それぞれ妊娠の経緯が違いました。

やはり二人目の時は妊娠超初期もすぐに気付けました。でも、大したつわりなどは無く、わりと快適な妊婦ライフでした。

一人目は初めてということもあり、妊娠超初期の症状なのか判断がしづらいところでしたが、思い返せば感情面や体の面でも違いがあったように思います。浮き沈みも激しかったし、生理のような腰周りのだるさがありました。

三人目ですが、気付いたのがスープの臭いがふと鼻に入ったときでした。まさか、ドラマのようにシンクに駆け込んだわけではありませんが、そうしたくなるほどの不快感がありました。そこでやっと「まさか!?」と感じたのでした。

『妊娠するかも』と、アンテナを張り巡らせていた二人目のときのようにしていたらこんなことにはならなかっただろうなと思います。
日常的にアンテナを張り巡らせるということは難しいことだと思います。お仕事や家事だってありますし。

ですが、ただ、生理予定日あたりにだけ、アンテナを張ればもしかしたら瞬時にキャッチできるかもしれません。
生理痛なら、そこまで臭いに敏感にならないのに、だとか、いつもの生理の時との違いを感じれるはずです。

あまり負担的に考えずに、軽い感覚でアンテナを張れたら良いのかもしれませんね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事