赤ちゃんとママのインタビュー

妊娠中に、つらい胃の痛みに悩まされる妊婦さんは多いです。

ここでは、実際妊娠中に胃痛を経験した筆者が、妊娠の時期ごとの胃痛の原因や、痛みをやわらげる方法、病院へ行くかどうかまで、わかりやすく紹介します!

スポンサーリンク

胃が痛む時期とは?

妊娠中に胃が痛む理由は、時期によって違ってきます。

 

妊娠初期

妊娠初期の胃の痛みは、妊娠初期に分泌が盛んになるホルモン「プロゲステロン」と深い関わりがあると考えられています。

このホルモンが、胃の働きを弱めることによって、食べ物が消化されにくくなり、胃もたれや胃痛の原因となります。

また、この時期はストレスや不安によって自律神経が乱れやすいことも、胃痛の原因の一つです。

 

妊娠中期

いわゆる「安定期」と呼ばれているこの時期に胃が痛くなる人の多くは、つわりが長引いている妊婦さんです。

また、大きくなった子宮は胃を圧迫します。
そうなると、普段では起こりえることが少ない胃酸が逆流します。

すると、逆流性食道炎になるケースも報告されています。

 

妊娠後期

妊娠後期になると、急激にお腹は大きくなります。

そして胃が圧迫されることで、胃の働きが鈍って消化不良や胸やけを起こします。

また中期と同じく、胃酸も逆流しやすい状態にあり、これが原因で粘膜が焼けるように痛むこともあります。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

胃が痛くて我慢出来ない時、薬は飲める?

お腹の赤ちゃんへの影響が出る可能性を考えた場合、基本的には妊娠中に薬を服用することは避けたいものです。
ただし、あまりにも症状がつらい場合には、妊婦さんでも薬に頼らざるを得ないこともありますよね。

 

一番いいのは、かかりつけの産婦人科で胃痛の症状を伝え、妊娠中でも安心して服用できる薬を処方してもらうことです。
かかりつけの産婦人科へ行くことが難しい場合は、内科等で妊娠中であることを伝えた上で、薬を処方してもらいましょう。

どうしても、病院へ行けない事情がある場合には、市販の薬を服用するという方法もあります。
ただ、自己判断で市販薬を服用する場合は、細心の注意が必要です。

 

基本的には、薬の説明書に「妊娠中、もしくは妊娠が疑われる場合は服用しない」という注意書きがなければ、妊婦さんでも服用が可能だということになります。

しかし、症状や薬の飲み合わせによっては、問題が生じる場合もありますので、必ず薬剤師さんなどに相談してから服用するようにしましょう。
また、薬の中でも「第一類医薬品」に分類されるものは、効果が高いと同時にリスクも高くなります。

 

自己判断での服用は避けた方が無難でしょう。

▲目次に戻る

妊娠中の胃痛についての改善法、予防策は?

上記で薬を服用する場合の注意点などを紹介しましたが、やはりできることなら薬に頼らずに、胃痛を改善したいですよね。
そこでこの項では、自宅で出来る胃痛の改善方法や、予防策をお伝えします!

 

食事の回数、内容を変える

何よりも大切なのは、弱っている胃に負担をかけないこと。
なるべく胃を休ませるためにも、消化の良い雑炊やうどん、とろとろの煮込みスープなどを、薄味で調理しましょう。

食べるときには、よく噛むことも忘れずに。
また、食事の回数も変えてみましょう。

一度に食べる量を減らし、こまめに食べるようにすることで、胃にかかる負担を分散することができます。
これは、空腹になると消化のために出る胃酸が、胃の粘膜を刺激し、体内にダメージを与えないための予防につながります。

 

右側を下にして横になる

身体の右側を下にして寝ることで、胃の消化を助けることが出来るといわれています。

※ただし、逆流性食道炎になってしまっている場合は逆で、左側を下にします。

 

ストレスを解消する

何よりも胃によくないのは、ストレスです。

妊娠中は、体調が思わしくなかったり、出産への不安があったりして、ストレスがたまりがちになります。

ドラマや映画を見たり、運動したり、自分に合った方法で気分転換をすることで、なるべく解消していきましょう。

▲目次に戻る

胃が痛い時、病院には行った方がいい?

赤ちゃん抱く
もし、これらを試しても一向に症状がよくならない場合は、迷わず病院に行ってください。
自分ではただの胃痛だと思っていても、もしかすると思わぬ病気になっているかもしれません。

 

例えば、妊娠中は免疫力が低下して、菌やウイルスにも弱くなっていますので、ウイルス性胃腸炎などに感染している場合があります。
また、つわりやストレスの影響で、前述の逆流性食道炎や、胃潰瘍などになってしまっている可能性もあります。

 

それらの場合、妊婦さん自身のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも、なるべく早く適切な治療を受けることが重要になります。
そのため、妊娠中の胃痛は軽く見てはなりません。これは我慢できないと思ったら、救急でも良いので、すぐに病院へ行き受診ください。

中には、定期健診以外でかかりつけの産婦人科へ行くことをためらう妊婦さんもいますが、産婦人科のお医者さんの仕事は、無事に赤ちゃんを産むためのサポートをすることです。
そのために、定期健診以外の理由で妊婦さんが来院しても、全く問題はありません。

 

胃痛には早めに対処して、ゆったりとしたマタニティライフを楽しんでくださいね!

▲目次に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事