• 妊娠
    妊娠超初期と生理前の違いは何?似ているポイントを紹介!
    2017年8月18日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのお風呂の時間帯はいつが良いの?夜でも大丈夫?
    2017年10月17日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの自閉症をチェックする際のポイントをまとめてみました!
    2016年2月8日
  • 妊娠
    妊娠中の風邪への対処はどうすべき?辛い鼻水の改善方法は?
    2017年12月6日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのへそに黒いかたまり!放っておくと手術する場合も…正体は何?
    2016年2月3日
  • 赤ちゃん
    ゾビラックス軟膏の効果と副作用!水疱瘡には本当に効くの?
    2016年3月8日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの身長の測り方は?一人でも出来る簡単な方法を紹介!
    2016年4月20日
  • 赤ちゃん
    出産祝いの書き方とは?中袋にも書き方はあるの?
    2017年9月16日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの鼻づまりが夜に多い理由は?部屋を清潔にすることがポイント!
    2016年2月8日
  • つわり
    つわりで仕事を休む、診断書は必要?働く妊婦さんが知っておきたいこと
    2017年12月4日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの髪の毛の切り方を現役ママが詳細に説明してみました!
    2016年2月7日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの歯磨きはいつから?知らないと絶対損する3つのポイント
    2017年10月29日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのマグはいつから?最大の難関ストローを突破せよ!
    2016年2月7日
  • 新生児
    新生児の服の着せ方と選び方!季節ごとに必要なものをピックアップしました!
    2016年3月13日
  • 出産
    厳選3選!出産後に友達と疎遠にならないためのテクニック
    2017年11月11日
この記事も読まれています
  • 新生児
    新生児が泣く理由8選!赤ちゃんからのSOSかもしれません!
    不安
    新生児
    育児
  • つわり
    つわりで吐き気があるのに吐けない…どうしたら良いの??
    つわり
    育児
  • 新生児
    新生児のあやし方9選!抱っこ以外に喜ぶ秘密の方法をこっそりと教えます!
    新生児
    生活
    育児
  • 妊娠
    妊娠すると尿の色に変化が!?なぜ定期健診で尿検査をするのかを紹介します!
    不安
    妊娠
    育児
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんとは添い寝する?ベッドを使う?添い寝の注意点とポイント☆
    生活
    育児
    赤ちゃん

赤ちゃんこっちを向く

動物園って清潔ではなさそうだし、赤ちゃんには良くないとか、まだ早いなと思っていませんか?

 

そんなことはありません。いつもの公園へのお出かけに退屈してきたら、赤ちゃんと動物園へお出かけしてみませんか?

スポンサーリンク

みなさん、いつから動物園に連れていきましたか?

赤ちゃんは、1か月を過ぎたくらいから外気浴をして、外の空気に慣れさせていきます。

 

短時間から始めて、徐々に時間を伸ばしていきます。
ある程度、外の環境になれてきた2~3か月ならば、動物園へ連れて行って大丈夫ですよ。

 

においがあるとか、不衛生だとか過度な心配はしなくても大丈夫です。
まだ動いているものを目で追う程度で、動物だと理解してはおらず興味を示さないこともあります。

 

あまり、赤ちゃんの反応を期待しない方がいいです。

 

動物だと、興味を示して楽しめるのは1歳を過ぎてからです。

 

まだ、外の雰囲気を楽しむだけでも十分です。
ベビーカーで眠っているばかり、ということもあるかもしれませんね。

 

うちは、1歳を過ぎてから動物園デビューをしましたが、下の子は、上の子の遠足に同行して4か月でデビューしました。

 

動物園に限ったことではなく、兄弟児がいる場合は、お出かけにしても病気にしても、何でも早く体験しますね。

 

小さなうちは体力も十分ではありませんので短時間で済ませましょう。
気候のいい時期で風のない日に出かけて色々な動物を見せて刺激を与えたいですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

不潔な気がするけど…免疫力がアップするって本当?!

動物園には、色々な動物がいるので、その毛やフンなどが目に見えなくても空気中に漂っています。

 

畜産農家で、家畜舎へ連れていかれていた赤ちゃんは、そうじゃない赤ちゃんと比べて、アレルギーを持つ割合が低かったという研究結果が出ているそうです。

 

赤ちゃんを動物園に連れていくと、アレルギーになりにくいと積極的に動物園へ連れていくような風潮が一時期ありました。

 

ただし、一日行くだけでどの程度の耐性が備わるのか、それは分かっていません。

 

ペットを飼っている場合には、アレルギーや病気などになりにくいとはいわれています。

 

つまりは、動物と過ごすことで、雑菌の多い環境に慣れて病気になりにくくなるということです。

 

小さなころに色々な菌にさらされて、免疫を付けて徐々に体を強くしていきますが、最近は「除菌」とやたらにいいすぎて菌との接触を減らしすぎているのかもしれませんね。

 

雑菌の多い環境がいいとはいっても、赤ちゃんに清潔は絶対必要です。
動物園でも、ペットでも、触れた場合には必ず石鹸で洗いましょう。

▲目次に戻る

動物園じゃなくても動物のいる環境で十分です

ぜひとも子どものために、動物園へ行きたいと思っても、都合よく行ける場所にないことだってあるでしょう。

 

特に、動物園でなくてもいいですよ。

 

動物に、触れる必要もありません。
当然ですが、雑菌が多くいる場所なので、過度に触れ合う必要はありません。

 

動物のいる場所で、親子一緒に楽しい時間を過ごすために散歩がてら行く程度、で十分だとです。

 

まずは、お散歩中のイヌを見たり、ペットショップを覗いたりしてみるのもいいかもしれませんね。
お父さんやお母さんの楽しむ姿を見て、赤ちゃんも楽しい気持ちになれますよ。

 

動物との触れ合いは子供の心の発達にとてもいい影響が出ます。
言葉が通じなくても心を通わせ優しい気持ちが芽生えます。
子どもの情操面を刺激する効果がありますね。

 

うちの子も公園でイヌを見かけると喜んで近づいていました。
自分とは違う生き物と認識して、その仕草一つ一つに笑顔で反応していましたよ。

 

お散歩のイヌに近づく時は、飼い主の許可を得て赤ちゃんに、危険がないようにしっかりと見守ってあげてください。

▲目次に戻る

出かけるときの持ち物について

赤ちゃんカバン

 

動物園では、外にいる時間が長くなりがちなので、必ず帽子を忘れずにもっていきましょう。
水分補給のための水筒も忘れずに。風が吹いてくると冷えますので、一枚羽織るものを持って行った方が安心です。

 

季節にもよりますが、虫よけを持っていくことをお勧めします。
普段の生活環境と比べると虫がすごく多いですよ。

 

最近は、モルモットやウサギなどの小さな動物を抱っこしたり、えさやり体験ができたり、動物に直接触れ合える動物園がよくあります。

 

そういった場所には、必ず石鹸備え付けの水道があります。

 

何度も手を洗うことも多いので、通常サイズのハンカチはすぐにびっしょりです。
うちは、ハンドタオルを3~4枚持って行くようにしています。

 

ついつい荷物が多くなりがちなので、荷物は減らしたいですが、ベビーカーは持って行った方が良いです。
貸出している園も多いですが、使い慣れたものがいいですよ。
途中寝てしまっても返却せずそのまま帰ることができますからね。

 

持って行くおやつは、あまりボロボロこぼれないものの方がいいです。

 

なぜなら、食べこぼすと素早くハトが飛んできます。
動物園のハトは、人との距離が近いので、すぐ足元にまで飛んできてびっくりさせられます。

 

最後に大切なことを一つ、赤ちゃんと一緒に大人も動物園を楽しみましょうね!
お父さんやお母さんが、笑顔でいると赤ちゃんも幸せな気持ちになれますよ。

▲目次に戻る

スポンサーリンク
関連キーワード
赤ちゃんの関連記事
  • 赤ちゃんがママを認識し始めるのは生後4ヶ月頃!この頃になると…
  • 赤ちゃんをげっぷさせるコツ3選!意外と知らない魔法のテクニックを紹介!
  • 赤ちゃんは牛乳をいつ飲ませるべき?1日の目安と飲ませ方をまとめてみました!
  • 赤ちゃんが鼻水で寝れない時の改善方法7選!実際に試してみました!
  • 赤ちゃんが顔をこすると出来る湿疹の正体とは?小児科へ行く前に確認!
  • 離乳食の2回食はいつから?簡単で栄養満点のおすすめ献立3選を紹介!
  • 赤ちゃんの指しゃぶりはいつから?大事なサインを見逃してませんか
  • 赤ちゃんが顔をひっかく3つの理由とは?肌トラブルになる前に要チェック!
  • 赤ちゃんの鼻水で病院へ行くべきタイミングは?小児科VS耳鼻科どっちがオススメ?
  • 赤ちゃんの歯磨きはいつから?知らないと絶対損する3つのポイント
  • 赤ちゃんが咳や吐く理由は何?危険な場合の見分け方を紹介します!
  • 赤ちゃんの耳が臭い原因は?思いがけない病気の可能性も…

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事