できてしまった妊娠線…。妊娠中もかゆかったのに、産後しばらくたってもかゆくて我慢ができない~!。私も、出産すれば自然と治るものだと思っていたのに、産後もかゆみが治まらずに大変な思いをしました(泣)!あまりかかない方がいいとは思いつつどうしてもかきむしってしまう。

そんなふうに、産後もかゆみに悩まされている方は多いようです。

症状がひどくなると湿疹や赤みが目立ち、妊娠線自体もどんどんひどくなってしまいます。また、皮膚に刺激を与えることで黒ずみの原因にもなってしまいます。いくらかいてもかゆみが治まるのは一時的なもので、すぐにぶり返してしまいますよね。

そこで今回は、妊娠線のかゆみに悩まされている人のために、かゆみの原因と即効性のある対策方法についてご説明します!

スポンサーリンク

どうしてかゆくなるの?


そもそも、できてしまった妊娠線はどうしてかゆくなってしまうのでしょうか?考えられる主な要因は以下のようになります。

肌の亀裂による損傷

妊娠線はお腹の皮が伸びて、そこに亀裂が生じて現れます。これはお腹が大きくなったことにより、皮膚の状態が悪くなったことによって起きます。私たちの皮膚は表皮→真皮→皮下脂肪という層になっているんですが、その「真皮」が引っ張られて傷ついたことがかゆみの大きな原因です。

火傷をしたところや怪我をしたところってかゆくなった経験はありませんか?これと同じようなことが起きているからかゆみを感じるのです。

表面は伸びるだけなのであまり変化がないように感じるのですが、実は内部は傷ついている状態なんです。

ホルモンバランスの変化

赤ちゃんを迎える準備をするために身体から分泌されるホルモンの作用によってかゆくなることもあります。そのホルモンとは、副腎皮質ホルモンのコルチコステロイドと、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

コルチコステロイドは肌のターンオーバーを抑える働きをもつため、コラーゲンが生成されにくくなってしまい肌が乾燥ぎみになります。
プロゲステロンは新陳代謝の活性化や肌のハリを促すエストロゲン(卵胞ホルモン)の作用を抑制してしまう力があり、乾燥や肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

このようなホルモンによる影響もありますが、かきむしることによって二次的にかゆみが発生してしまうこともあります。

妊娠中の皮膚が乾燥しやすい体質が続いている

妊娠中は、男性ホルモンが減少して肌が乾燥しやすくなるため、かゆみを感じやすいようです。妊娠中はエストロゲンなどの女性ホルモンの分泌が増え、相対的に男性ホルモンが減ります。男性ホルモンには乾燥を防ぐ役割があるので、妊娠中は乾燥しやすくなり、乾燥によりかゆみが発生します。

産後のホルモンバランスの回復は人それぞれになるので、産後も男性ホルモンがそのまま少ない状態である場合は乾燥しやすい肌質が続いてかゆみを感じやすくなることが多いようです。

スポンサーリンク

どうしてかいちゃダメなの?


妊娠線はかいてしまうと悪化してしまうものというのはなんとなくわかりますが、「掻く」という行為がなぜ症状を悪化させてしまうのでしょうか?

上述のように、妊娠線は急激に皮膚が伸ばされることによって真皮にダメージが生じて出来るものです。極端に強くかきむしるならまだしも、少しかいたくらいでは真皮までダメージがいくことはありません。

しかし思うままにかき続けると、かいたことによって皮膚に湿疹やぶつぶつなどができ、さらにひどくなると色素沈着ができてしまいます。

つまり、妊娠線をかくと妊娠線自体を増やすケースはあまりないと考えられますが、妊娠線の周りに湿疹や色素沈着を作ってしまう恐れがあるんですね。
かくことによって妊娠線が増える訳ではなく、既にある妊娠線が目立つようになってしまうのです。

かゆみ対策4選!


かゆみが続くととても辛いですよね。思わずかいてしまって妊娠線の跡をひどくしてしまうなんてことも…。手遅れにならないうちにケアをはじめることが重要です!ここからはかゆみがこれ以上ひどくならないようにはどうすればいいのか、かゆみに効く対策4選をご紹介していきます!

①まずはしっかり保湿

妊娠線のかゆみをおさえる対処法は、とにかく乾燥した肌を保湿することが大切です。
肌が乾燥すると潤いが不足してかゆみが悪化してしまいます。保湿をすることで肌にうるおいが出て、かゆみもやわらぎます。オイルやクリームを塗り、乾燥をふせぐよう心がけましょう。

少しお高めでしたが、私は妊娠線除去に特化しているクリームやオイルを使用していました!かゆみを防ぐだけでなく、できてしまった妊娠線を消してくれる効果もあります。添加物の少ないものを選び、毎日継続して塗ると保湿効果が高まります。

塗り方のコツは、円を描くようにお腹全体の皮膚を伸ばして、妊娠線が気になる部分に優しく塗りましょう。1日5~6回を目途に塗ると効果抜群です!

②やわらかく肌触りのよい衣類を身につける

妊娠線の乾燥部分に衣服がこすれると、かゆみが余計にひどくなります。できるだけやわらかく肌触りのよい衣類を身につけるようにして、妊娠線への摩擦を軽減しましょう。コットン100%のタオルなど、普段使うものも低刺激なものを選ぶようにします。

特に下着は肌に直接触れるので、できるだけ摩擦が少なくレースなどの飾りがないものを選びましょう。シルクやコットンなどの天然素材を選ぶとGOOD!

ちなみに私は、ウエストゴムのゆるいパンツをはくようにしていました。縫い目部分やゴムの部分って意外と刺激が強いですよね。できるだけ縫い目や締めつけが少ない、ゆったりと着られるものを選んでいましたよ。

③お腹は冷やさないこと

一般的なかゆみ対策では患部を濡れたタオルなどで冷やして当てることも有効とされています。しかし、妊娠線によるかゆみの場合は広範囲にお腹を冷やしてしまうと血行が悪くなり、お腹が余計張りやすくなってしまうのでやめましょう。

かゆみ対策で冷やしたい場合は、二の腕やふくらはぎなどの影響が少ない場所で、短時間冷やすくらいが良いでしょう。二の腕、ふくらはぎなどはあまり影響がありませんが、長時間冷すと身体全体を冷やしかねないので気をつけてくださいね。

④体を清潔に保つ

汗や皮脂、ホコリなどで体が汚れているとかゆみを増大させてしまいます。ムレるのもかゆみの原因なので、汗をたくさんかいたらシャワーを浴びたり、下着を替えたりして体を清潔に保つことが大切です。

シャワーなどを浴びた後は肌が乾燥しやすくなるので、前述のように保湿することを忘れないでくださいね。

熱いお湯も皮膚を刺激することがあります。体温が上がることでかゆみがひどくなる場合もありますので、38~40℃くらいのお湯で、ゴシゴシと洗わず優しく洗うようにしましょう。

それでもかゆみがひどい時には皮膚科へ


上述の対策をある程度試してみてもかゆみがひかない場合、単なる妊娠線によるものではないかもしれません。妊娠中は、かゆみの症状があらわれる「妊娠性搔痒症」という皮膚の病気を発症する可能性があります。妊娠性搔痒症は、かゆみのみの症状とかゆみと発疹をともなう症状があって、それぞれ治療法が異なるのです。

かゆみが治らない場合は皮膚科で適切な処置を受けましょう。授乳中の薬の服用は赤ちゃんへ影響を与えるリスクもあるため、自己判断で市販薬を服用するのは避けましょう。

今はかゆくてたまらない妊娠線。それでもその妊娠線は、あなたが10か月もの間赤ちゃんを大事に守り抜いた証でもあります。まずは自分の身体を誇りに思ってください!

出産後はだんだんとホルモンの状態が落ち着き、かゆくなりやすい時期が終わるので、かゆみもおさまります。決してかきむしらず、優しくケアして、この時期を乗り切って下さいね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事