• 妊娠
    妊娠超初期の胃痛とその原因!解消方法はこれだ!
    2017年9月28日
  • 妊娠
    妊娠超初期症状時のおりものとホルモンの関係とは?どう変化するの?
    2017年9月14日
  • 赤ちゃん
    離乳食で冷凍りんごが大活躍!赤ちゃんでも大丈夫な変色しない方法は?
    2016年3月28日
  • 出産
    出産で迷う…怖いイメージの無痛分娩って、本当のところどうなの?
    2017年11月22日
  • 新生児
    新生児が母乳を吐く原因とは?内蔵ってどうなってるの?
    2017年10月25日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの虫刺され、腫れたときはどうする?正しい対処法
    2017年11月7日
  • 妊娠
    妊娠すると尿の色に変化が!?なぜ定期健診で尿検査をするのかを紹介します!
    2016年3月17日
  • 妊娠
    妊娠超初期症状はいつから始まる?29個の症状をチェック!
    2016年3月24日
  • 新生児
    新生児が寝ない原因は何?意外と知らない上手に寝かしつけるコツを紹介!
    2017年8月29日
  • 赤ちゃん
    離乳食のぶりはいつからOK?鍋を使わない簡単すぎる神レシピ4選を大公開!
    2016年3月1日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの寝返りはいつ?バスタオルを使って事故を防ぐ裏ワザを紹介!
    2016年2月9日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが抱っこを嫌がる2つの理由とは?実はある事が満たされていない!
    2016年2月1日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの指差しはいつから?月齢によって特別な意味があることを知っていますか?
    2016年2月26日
  • 妊娠
    妊娠かも?熱が出るのはいつから?知っておきたい妊娠初期症状について
    2017年11月20日
  • 妊娠
    妊娠中に旦那が飲み会!夫婦円満のためにはどう対応するのが正解?
    2017年11月5日
この記事も読まれています
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの指差しはいつから?月齢によって特別な意味があることを知っていますか?
    成長
    育児
    赤ちゃん
  • 妊娠
    妊娠超初期に風邪などで薬を服用する場合と注意点と赤ちゃんへの影響!
    妊娠
    育児
  • 妊娠
    妊娠初期は腹痛で下痢気味…流産にはならないの?
    妊娠
    育児
  • 妊娠
    妊娠すると尿の色に変化が!?なぜ定期健診で尿検査をするのかを紹介します!
    不安
    妊娠
    育児
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの歯磨きはいつから?知らないと絶対損する3つのポイント
    生活
    育児
    赤ちゃん

赤ちゃん目

赤ちゃんを抱っこしようとして、手足の冷たさにびっくりしたことはありませんか?

 

特に思い当たる原因がないと、病気じゃないかと不安になってしまいますね。

 

でも、赤ちゃんが低体温になってしまうのには、実はいろんな理由があるんです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの低体温とは?

そもそも、赤ちゃんの「低体温」とはどのくらいの体温の事を言うのでしょうか?

 

赤ちゃんが、大人より体温が高くて汗っかきだというイメージは、多くの人が持っていると思います。
実際のところ、0歳から1歳までの赤ちゃんの平熱は、だいたい36.5〜37.5℃の範囲だと言われています。

 

大人だと、体温計で熱を測って「37.5℃」と表示されれば「熱がある!」と焦ってしまいますが、赤ちゃんなら普通だということですね。
もちろん個人差もあり、筆者が通っていた産婦人科の助産師さんは「中には平熱が38℃近い赤ちゃんもいる」と言っていました。

つまり、わが子の平熱がどのくらいなのかを、ママはまず把握する必要があるということです。
そして、このように平熱が高い赤ちゃんが「低体温」だと判断されてしまう体温の目安は、だいたい36℃以下だとされています。

 

大人では平熱が36℃ない人も多いですが、赤ちゃんの場合はこれがまれに重大な疾患につながってしまうこともあるため、注意が必要です。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

体温が低くなってしまう原因

赤ちゃん悩む

では、赤ちゃんの体温が低くなってしまうのはどうしてでしょうか。
主な理由は次の2つです。いずれの理由も、赤ちゃんの体温調節機能の未熟さが関係している、と言えます。

 

周囲の環境

筆者の体験からしても、これが一番大きいと思います。
赤ちゃんは大人のように自分で体温調節ができないため、少しでも周りの温度が低くなると、つられて体温が低くなってしまいます。

 

また、気温・室温などの温度環境に加えて、扇風機やエアコンの「風」の影響もすぐに受けてしまいます。

 

自律神経の乱れ

自律神経は、正常に機能している時には赤ちゃんの体温を一定に保ちます。

しかし、なんらかの理由、たとえば生活リズムの乱れなどで、交感神経と副交感神経のバランスが乱れますと赤ちゃんの低体温を引き起こす原因になってしまいます。

参考:赤ちゃんの生活リズムはいつから正しくなるの?

 

他にも、お風呂あがりや汗をかいた後などに赤ちゃんを濡れたまま放置した場合や、冷たい食べ物・飲み物を与えすぎた場合に、赤ちゃんが低体温になってしまうことがあります。

▲目次に戻る

低体温を予防するには

では、赤ちゃんが低体温になってしま事態を避けるには、どうすればいいのでしょうか。

 

まずは、外部環境の見直しです。
部屋にいる場合は、室温が最適かどうかを確認しましょう。

例えば冬は、大人が「寒くない」と思っていても、赤ちゃんには寒いこともあります。
なぜなら、私たち大人は無意識に体温を調節して自分の体を温めていますが、赤ちゃんにはそれができないからです。

 

こまめに赤ちゃんの体温が下がっていないかどうかをチェックしてあげましょう。
そして、意外かもしれませんが、暑い夏の日にも注意が必要です。

エアコンの涼しい風が赤ちゃんに当たることで、低体温を引き起こしてしまうことは実は多いんです。
必ず風向きを固定して、赤ちゃんに直接当たらないようにコントロールしましょう。

参考:赤ちゃんが快適に過ごせるリビングとは?

 

さらには、自律神経を整えてあげることも低体温の予防になります。
起きる時間と寝る時間、授乳やお風呂の時間などを決めることで、生活リズムを一定に保ってあげましょう。

▲目次に戻る

病院に行った方がいい?

赤ちゃんの手

低体温になってしまうことによって、赤ちゃんの体には様々な悪影響が及びます。

 

赤ちゃんの体は体温を元に戻そうとするので、たくさんのエネルギーを使うことになってしまいます。
その結果として、体力が消耗して母乳やミルクの飲みが悪くなることもあります。

 

また、低体温によって消化機能などの身体機能がうまく機能しなくなってしまうと、最悪の場合は命の危険もあります。
低体温は、それだけの危険をはらんでいる状態なんです。

 

そのため、もし慢性的に赤ちゃんの体温が36℃を下回っている場合は、念の為すぐに小児科へ連れて行きましょう。
また、唇の色が紫色になっている場合にも、注意が必要です。

なお、赤ちゃんは寝ているときに手から熱を逃がしたりもしているので、体幹が温かければ手が冷たくなっていても問題ないこともあります。
ただ、慢性的に手足が冷たいという場合は、一度医師に相談してみましょう。

参考:赤ちゃんの手足が冷たい原因と対策方法

 

いずれにせよ、まずはわが子の本来の平熱を知ってから、それを保ってあげられるよう、注意したいですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク
関連キーワード
赤ちゃんの関連記事
  • 赤ちゃんが抱っこを嫌がる2つの理由とは?実はある事が満たされていない!
  • 赤ちゃんのほっぺに血管や赤みが!知っておいて損はない原因と対処法
  • 赤ちゃん用のリビングレイアウトはこれだ!安全に過ごすために必要なグッズ7選!
  • 赤ちゃんの月齢の数え方を紹介!意外と間違えやすいので改めて確認してみてはどうでしょうか?
  • 赤ちゃんの満腹中枢はいつからできるの?母乳育児の気になるポイント
  • 赤ちゃんのスタイはいつから着けるべき?間違いない選び方をご存知ですか?
  • 離乳食のぶりはいつからOK?鍋を使わない簡単すぎる神レシピ4選を大公開!
  • 赤ちゃんが顔をこすると出来る湿疹の正体とは?小児科へ行く前に確認!
  • 赤ちゃんが耳をかく3つの原因とトラブル対処法!病気のサインの可能性も…
  • 赤ちゃんがお昼寝からすぐ起きる!どうしたら良い?
  • 赤ちゃんの口呼吸はいつから?4つの原因と4つのデメリットを紹介!
  • 赤ちゃんのうんちの色が緑だと危険!?色やにおい・形に注目!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事