• 赤ちゃん
    赤ちゃんの動物園はいつから?その前にまずは公園で慣らせましょう!
    2016年2月6日
  • 妊娠
    妊娠超初期の胃痛とその原因!解消方法はこれだ!
    2017年9月28日
  • 妊娠
    妊娠初期の出血が茶色だった場合どうしたらいいの?生理とどう違うの?
    2016年5月19日
  • つわり
    つわりで喉の違和感を楽にする3つの方法
    2017年10月31日
  • 新生児
    新生児のうつぶせ寝によるメリットとデメリットは?
    2017年9月20日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのアトピーはいつから症状が出るの?どんな病気・原因?
    2017年10月19日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが顔をひっかく3つの理由とは?肌トラブルになる前に要チェック!
    2016年2月29日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが鼻水で寝れない時の改善方法7選!実際に試してみました!
    2016年2月12日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんは言葉をいつから話すの?クーイング・喃語って知ってますか?
    2016年2月18日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんにストローをいつから練習させるべき?超効果的な方法を教えます!
    2016年3月8日
  • 妊娠
    妊娠の安定期はいつから?その後やっていくべきことも紹介!
    2016年3月16日
  • 妊娠
    妊娠する確率が高い年齢はいつ?年齢による変化は?
    2017年9月18日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんがミルクを飲み過ぎするとどうなるの?母乳の場合も紹介!
    2016年2月16日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが笑うのはいつから?ママやパパが実は大きなポイントになっています!
    2016年2月20日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのうんちでない5つの原因と病院へ行くべき症状を紹介!
    2016年2月13日
この記事も読まれています
  • 出産
    奥様がいざ出産!旦那の休みはどれくらい?立ち会い出産のメリットは?
    出産
    育児
  • 新生児
    新生児が寝過ぎな場合どうしたらいいの?平均的な睡眠時間を知りたい
    不安
    新生児
    育児
  • 赤ちゃん
    離乳食の2回食はいつから?簡単で栄養満点のおすすめ献立3選を紹介!
    生活
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのミルクはいつまで?フォローアップミルクをメインにまとめてみました!
    育児
    赤ちゃん
    飲み物
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの自閉症をチェックする際のポイントをまとめてみました!
    病気
    育児
    赤ちゃん

女性の社会進出により晩婚化が進み、高齢出産も増えていますが、高齢出産にはさまざまなリスクが伴うと言われています。
そもそも赤ちゃんは授かりものであり、「赤ちゃんが欲しい!」と思ったらすぐにやってきてくれるとは限りません。
お母さんの年齢に伴い、妊娠の確率はどのように変化していくのでしょうか。
今回は、年齢と妊娠の確率の関係についてご紹介します。

スポンサーリンク

妊娠の確率が高いのはいつ?

赤ちゃんが欲しいと思った時に、まず考えるのが「いつが妊娠しやすいの?」ということだと思います。
これについては、排卵日が1番妊娠しやすいのでは?と思っている人が多いかと思います。

しかし、実際はそうではありません。
まず、生理の1周期の中で妊娠できる日は6日間あります。

これは、射精された精子が女性の体内の中で最長5日間、排卵された卵子は1日生きられ、受精可能になるためです。
ですから、排卵の5日前から排卵日当日の合計6日間が妊娠可能な期間ということになります。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

自然妊娠する確率は?年齢による確率の変化は?


生理周期が規則正しく妊娠しやすい状態の人が排卵日などを妊娠に必要な条件を意識した場合、妊娠率は20〜25%と言われています。
ドイツの研究で、子づくりを始めて6周期で81%が、12周期で91%が妊娠したという結果も示されており、全年齢での妊娠率は約20%といえるようです。

では、この妊娠率が年齢的にどのように変化していくかというと、下記のようになります。

  • 25歳…25〜30%
  • 30歳…25〜30%
  • 35歳…18%
  • 40歳…5%
  • 45歳…1%

この結果を見ると、30代半ばからは妊娠率が下がっているのがよく分かります。
これには、卵子の老化が関係しているという見方があります。

女性の卵子は母親の胎内にいる時から、そのもとになるものが作られており、生まれてからは新しい卵子が作られることはないため、年齢とともに老化していきます。
また卵巣内の卵細胞数が37歳から42歳にかけて急激に減少し、卵子の数は10分の一になります。

このように、年齢とともに妊娠しにくくなっていってしまう訳ですが、無事妊娠が成立したとしても、そこから無事に出産に至るには、まだ長い道のりがあります。

次に、気になる流産発生率、ダウン症児の発生率、染色体異常の発生率の年齢による変化を見ていきましょう。

▲目次に戻る

産発生率、ダウン症児の発生率、染色体異常の発生率の年齢による変化は?


無事に妊娠が成立したとしても、その後の経過にも年齢による差が明らかになっています。

流産の発生率

  • 25歳…10%
  • 30歳…10%
  • 35歳…25%
  • 40歳…40%
  • 45歳…50%

ダウン症児の発生率

  • 20歳…1/1667
  • 25歳…1/1250
  • 30歳…1/952
  • 35歳…1/385
  • 40歳…1/106
  • 45歳…1/30

染色体異常の発生率

  • 20歳…1/526
  • 25歳…1/476
  • 30歳…1/384
  • 35歳…1/192
  • 40歳…1/66
  • 45歳…1/21

妊娠のリスク

このように、まず妊娠が成立する確率も35歳頃から低下するのと同様に、妊娠後出産までのリスクも35歳以降どんどん高くなっていくことが分かります。

こうしたデータを見てくると、妊娠も出産もやはり35歳までが適齢期のようですが、近年の晩婚化、晩産化をみていると、「赤ちゃんが欲しい」と思った時と自分の年齢が、そううまくもいかないものですよね。

そこで次に、妊娠率を高めるために日頃どんなことに心掛けて過ごしたらよいのかをご紹介します。

▲目次に戻る

妊娠の確率を高めるには?

今すぐに妊娠を望んでいなくても、いざ「赤ちゃんが欲しい」と思った時に急に体調は整えられません。
日頃から下記のような点を意識して、健康維持に取り組んでみましょう。

適正な体重を維持する

女性の妊娠・出産に適した体脂肪率は22%〜25%と言われています。
過度なダイエットは栄養不足や身体の冷えを招き、妊娠によくありません。

また、肥満は重度でなければ問題ないものの、肥満の原因が排卵障害の多嚢胞性卵巣症候群という病気の可能性もあります。
自分の身体の状態を一度きちんと知ることも大切と言えるでしょう。

身体を温める

身体の冷えがよくないと言われるのには大きな理由があります。
身体が冷えると、妊娠に必要な黄体ホルモンの分泌量が下がってしまったり、冷えによって血流が悪くなると卵胞刺激ホルモンの分泌量も下がり、排卵障害が起きやすくなります。

このように、妊娠に冷えは大敵で、逆に身体を温めることを意識して過ごすと良いと言えます。
食事の面では、生ものや冷たいものを控えたり、カフェインの多いものや甘いものの摂りすぎに注意し、身体を温める効果のある生姜や根菜類を積極的にとると良いでしょう。

また、妊娠しやすい体温は36.5℃と言われています。
体温が低めの人は、筋肉をつけることでも体温は上がるので、ウォーキングなど簡単に始められる運動から、日頃の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

タバコをやめる

妊娠したら吸うと良くないと言われるタバコですが、卵子の老化と数の減少を招くと言われています。
今後のためにも、夫婦で禁煙に取り組んでみましょう。

こうしてみると、妊娠率を高めることに心がけるのは、健康的な生活を送るということになりますね。
赤ちゃんのためにも、自分のためにも、生活の中にこうした習慣を取り入れていけると良いですね。

▲目次に戻る


スポンサーリンク
関連キーワード
妊娠の関連記事
  • 妊娠かも?熱が出るのはいつから?知っておきたい妊娠初期症状について
  • 妊娠線がかゆい!?産後にかゆくなる理由と即効対処法4選
  • 妊娠初期に頭痛薬を飲むと奇形児が生まれやすい!?薬を飲まない方法とは?
  • 妊娠超初期のお腹の張りが気になるあなたへ!原因と対策を教えます!
  • 妊娠する確率が高い年齢はいつ?年齢による変化は?
  • 妊娠時の胸の張りはいつまで?原因と対策方法を公開!
  • 妊娠の体重増加はいつから?増えすぎると赤ちゃんにとって致命的なことに…
  • 妊娠で喉乾く理由は羊水が影響している!?身体に良い水分摂取方法とは?
  • 妊娠超初期は食欲が増すの?減るの?つわりがあるけど大丈夫?
  • 妊娠超初期で寒気がするのは流産の兆候!?寒気の種類とは?
  • 妊娠糖尿病の食事レシピ3選!予防するために必要なポイントは何?
  • 妊娠超初期に風邪などで薬を服用する場合と注意点と赤ちゃんへの影響!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事