赤ちゃん口いっぱい

赤ちゃんの肌は、大人に比べてとても敏感です。

少しの刺激でもすぐ赤くなってしまう事があるので心配ですよね。
赤ちゃんの肌が赤くなる原因は?アレルギーのせいなの?

予防や対策があれば知りたいと思いませんか。

スポンサーリンク

赤ちゃんの顔に湿疹が出来る原因

毎日しっかり洗っているはずなのに、赤ちゃんの肌に突然現れる湿疹。
親としてはとても心配になります。

 

顔に湿疹が出来る原因は、ある物に対してのアレルギー反応の場合もありますが、肌の脂分が多かったり、乾燥していたりバランスが崩れていると湿疹となって現れるのです。
赤ちゃんのうちに出来る湿疹は総称して「乳児湿疹」と言います。

乳児期のホルモンバランスが関係しているので、清潔にしていればいつの間にか治ってしまう場合が、ほとんどですので、あまり心配する事はありません。
汚れたらその都度拭いたり、乾燥させないようにし、小まめに薬を塗ってあげれば徐々に良くなっていきます。

 

まれに母乳育児の場合、お母さんが食べていた食べ物が合わなかったと言われる事もありますが、それが全ての原因という場合は少ないそうなので、自分のせいだと思わなくても大丈夫です。

たまたま他の原因が重なった為に出た症状ですので、医師の指示に従い対処してください。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

何科の病院を受診すればいいのか?

子供が受診するのだから、小児科がいいと思われるかもしれませんが、小児科は子供の病気全体を診察してくれるので、間違いではありません。
しかし、他にも皮膚の病気に特化した皮膚科を受診する選択肢もあります。

 

小児科と皮膚科では診療方針が違うので、出される薬の種類も違います。
小児科は、子供に対する負担が少なく済むように考え処方をしてくれます。
必要以上に多くの薬を出されることはないでしょう。

アレルギーに対しては、専門的に診療してくれるところもあるので、食物などが原因で起きた湿疹などのトラブルの場合、小児科の方が得意分野になるかもしれません。

 

しかし、子供に対する負担が少ない分、薬の効きが思ったより感じられない場合もあるでしょう。
そのような場合は、皮膚科を受診してみるのもいいかもしれません。

受診する場合は、どのような病院で診察してもらったことがあり、どんな薬をどれだけの期間使用していたか話す必要があります。
それまでの経過を知ることで、最も効果のある処方が出来るからです。

 

一概にどちらの病院がいいとは言い切れませんが、それぞれに良いところがあるので、場合によって使い分けられるといいですね。

小児科は、子供が小さいうちは頻繁にお世話になるので、かかりつけの病院を一つ決めておくと、これまで患った病気遍歴やワクチン接種の有無も記載されるので安心できます。

▲目次に戻る

ステロイドの薬は使わない方がいいのか

ステロイドの薬を使いすぎると、効果がなくなるとよく言います。
それは間違ってはいません。

 

ステロイドは極力使わない方がいいですが、スポット的に使うことで早く治す事ができます。
いつまでも長引かせてしまうのは、子供も苦痛です。

 

なので、ステロイドを使う時は、信頼出来る医師にしっかり相談し納得した上で使用してください。
途中でやめると効果がありませんので、使う場合は医師が処方した容量・用法を必ず守って下さい。

赤ちゃんに優しい石鹸の選び方

赤ちゃんと母親 だっこ

赤ちゃんに使う石鹸は大きく分けて、液体・固形の二種類あります。
液体の物は、ポンプを押すと泡で出てくるタイプもありとても便利です。

 

固形の石鹸は、毎回自分で泡立ててから使わなければいけないので、少々手間と感じるかもしれませんが、洗い上がりがさっぱりしているので、好んで使う方も多いです。
また、ポンプタイプは、押せば出てくるので使いやすい半面、使いすぎてしまう難点もあります。

 

どちらも色々な種類があるのでどれを選べばいいか悩むと思います。
そこで、特に注目して見て頂きたいのが石鹸の成分表示です。

赤ちゃんの肌は大人の約半分の薄さしかなくとても敏感なのです。
そこで、おすすめなのが、防腐剤(パラベン)が入っていない弱酸性の物です。

 

大人の肌は、弱酸性を保っていますが、赤ちゃんの肌は中性となっており、肌トラブルが起きやすいのです。
そこで、中性から離れた状態に持っていくことがトラブルを防ぐのに有効となるのです。

▲目次に戻る

効果的な顔の洗い方

赤ちゃんの肌を洗う時は、必ず石鹸は泡立て、その泡を使って優しく触れるように洗う事。
決して大人が体を洗う時の様に、ゴシゴシしてはいけません。

 

敏感な肌が傷ついてトラブルの元になります。
そして、石鹸を洗い流す時はガーゼで拭うのではなく、お湯やぬるま湯で直接流してあげる事。

 

ガーゼを使う事で肌が傷んでしまうことがあるからです。
洗い終わったら、タオルで水分を取るように軽く押さえるだけにして下さい。
ここでもこすってしまうと、肌にダメージを与えることになってしまいます。

綺麗に洗えたところで、しっかり保湿をします。
保湿をし過ぎると良くないと言われる事もありますが、全くしないというのもトラブルの素です。

 

肌が乾燥しているとそこからアレルゲンが入り込むことがあるので、空気が乾燥する冬場は特に保湿が重要となってきます。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事