• 新生児
    新生児の鼻づまり解消法9+2選!病院は耳鼻咽喉科と小児科どっちがいいの?
    2016年2月28日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの下痢の見分け方は?緊急性が高い場合はどういう時?
    2016年3月27日
  • 新生児
    新生児が寝過ぎな場合どうしたらいいの?平均的な睡眠時間を知りたい
    2016年7月8日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの鼻水が透明なのは大丈夫?病院へ連れて行くべき?
    2017年8月28日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのスプーンはいつから?自分で食べてくれない問題をスッキリ解決!
    2016年2月4日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんにパンはいつからOK?食事の注意点とアレルギーの際の対処法
    2017年12月19日
  • 育児
    効果抜群!育児ストレスによる下痢を解消する3つの方法
    2017年11月9日
  • 母乳
    ママ必見!母乳のためのマッサージっていつまですればいいの?
    2017年12月1日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんにストローをいつから練習させるべき?超効果的な方法を教えます!
    2016年3月8日
  • 妊娠
    妊娠糖尿病の食事レシピ3選!予防するために必要なポイントは何?
    2016年3月16日
  • 妊娠
    妊娠超初期の胃痛とその原因!解消方法はこれだ!
    2017年9月28日
  • つわり
    つわりがひどい…げっぷや吐くのが止まらない原因と対処法3選
    2017年11月14日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが顔をこすると出来る湿疹の正体とは?小児科へ行く前に確認!
    2016年2月20日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの湿疹が治らない時にステロイドを塗ることは大丈夫なの?
    2016年2月13日
  • 新生児
    新生児のしゃっくりの止め方10選!母乳が大きく影響している!?
    2016年3月7日
この記事も読まれています
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんは牛乳をいつ飲ませるべき?1日の目安と飲ませ方をまとめてみました!
    育児
    赤ちゃん
    飲み物
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの麦茶の作り方はどうすればいい?あげるタイミングは?
    育児
    赤ちゃん
    飲み物
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの指しゃぶりはいつから?大事なサインを見逃してませんか
    成長
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんにパンはいつからOK?食事の注意点とアレルギーの際の対処法
    育児
    赤ちゃん
  • 育児
    育休取得後に転職してもいいの?復職しなくても保育園には入れる?
    育児

早くから妊娠に気づいたママの中には、おりものの変化で妊娠を疑った、という人もいます。
妊娠超初期症状として、おりものの変化はあるのでしょうか?
また、注意が必要なおりものってどんなもの?
ここでは、そんな気になる疑問にお答えします!

スポンサーリンク

おりものの役割とは?

まずは、おりものの役割から確認していきましょう。

おりものって、ベタベタして不快感があったり、量によってはおりものシートのような特別な対策が必要だったりして、女性にとっては結構やっかいですよね。

でも、実は女性の体に大切な役割を果たしてくれているのです。
その役割は大きく分けて二つあります。

膣の中を清潔に保つ

おりものの正体は、子宮や膣、そして汗腺からの分泌物が混じり合った粘液。
これが膣内に存在することで、細菌やウイルスが膣から体の中に入ってくるのを防いでくれるのです。
ネバネバしているのも、このためなんですね。

受精しやすくする

子宮の出口付近にあるおりものは、精子がスムーズに膣内に進入し、卵子へと到達する手助けをしています。
つまり、女性の妊娠にもおりものが一役買ってくれていたのです。
どちらかというとマイナスイメージが大きいおりものですが、こうして役割を知ると、女性の体になくてはならないものなんだと気づかされますよね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

おりものとホルモンの関係

そんなおりものは、女性ホルモンと密接に関係しています。
女性ホルモンの影響を受ける生理に周期があるように、おりものにも一定の周期があるのです。

女性ホルモンの代表であるエストロゲンとプロゲステロンのうち、おりものは前者のエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌とより深く関わっています。

具体的には、エストロゲンの分泌が増えれば増えるほど、おりものも増えるという比例関係にあります。
そのため、エストロゲンの分泌がまだピークではない10代までは、おりものの量もまだそこまで多くはありません。

20代になれば、女性ホルモンの分泌が安定し、エストロゲンの分泌もピークの時期を迎えるため、おりものの量も多くなります。
30代も引き続き女性ホルモンの分泌量は多い一方、卵巣機能は成熟の後期に入ります。

この頃から、少しおりものにニオイが出てくることもあります。
40代以降、卵巣機能が衰え始めるのに伴い、女性ホルモンの分泌とおりものの量も低下していき、閉経後にはほとんどおりものは見られなくなります。

▲目次に戻る

妊娠超初期におりものは変化する?

では、妊娠期のおりものはどう変化するのでしょうか?
妊娠すると、女性の体は何よりも赤ちゃんを守ろうとします。

例えば、免疫力が低下してしまう理由もこのため。
赤ちゃんを「異物」として認識して、攻撃してしまわないように、免疫力が下がるのです。

おりものも同様で、妊娠すると胎児を細菌から守ろうとして、おりものの分泌が増えるのが一般的です。
前述のエストロゲンは、妊娠直後から徐々に分泌が増えてくるため、それに比例しておりものも増えてくるというわけですね。

具体的には、受精卵が子宮に着床した日あたりから、おりものの量が増えてくるケースが多いです。
そのため、排卵日から数えて着床が疑われる時期に、おりものの量が増えた人は、妊娠している可能性があります。

ちなみに、妊娠する前と比べて、おりものの状態が変化したという人も多いようです。
具体的には、妊娠前は無色透明に近く、ネバネバしていたおりものが、黄色っぽく、かつサラサラに変化することが多いようです。
このような、おりものの状態の変化にも注意してみてください。

▲目次に戻る

注意するべき状態とは

状態の変化ということで言えば、中には体の異変のサインである、注意が必要なおりものもあります。

色がおかしい場合

明らかに濃い黄色や緑色、灰白色のおりものは感染症の疑いがあります。

ニオイがおかしい場合

普段からおりものに多少においがある人はいますが、いわゆる「魚が腐ったニオイ」などの、生臭いニオイがする場合には、感染症の疑いがあります。

質感がおかしい場合

ポロポロとしていて白っぽいカスのようになっている場合はカンジダ膣炎の疑いがあります。
また、泡状になっている場合はトリコモナス膣炎の疑いがあります。

上記に当てはまらなくても、明らかにいつもと違うと感じる場合には念の為病院を受診しましょう。
おりものは、他の人と比べにくいし、また相談もしにくいデリケートな問題です。

だからといって、違和感を放置していると、病気につながったり、また病気の発見を遅らせてしまったりすることがあります。
妊娠を望んでいる場合は特に、おりものの変化は注意して見るようにしましょう。

▲目次に戻る


スポンサーリンク
関連キーワード
妊娠の関連記事
  • 出産予定日がずれた!?遅れることによるリスクとは?
  • 妊娠初期の腹痛でチクチクすると病院へ行くべき?3つのポイントで紹介します!
  • 妊娠超初期のちくびの痛みの原因とは?
  • 妊娠検査薬の値段と種類は?とあるホルモンに反応している!?
  • 妊娠かも?熱が出るのはいつから?知っておきたい妊娠初期症状について
  • 妊娠週数ごとの胎児の大きさをまとめました!これを見ればバッチリ!
  • 妊娠超初期のアルコール摂取が及ぼす恐るべき病気とは?赤ちゃんをしっかり守りましょう!
  • 妊娠初期に頭痛薬を飲むと奇形児が生まれやすい!?薬を飲まない方法とは?
  • 妊娠初期は腹痛で下痢気味…流産にはならないの?
  • 妊娠超初期のお腹の張りが気になるあなたへ!原因と対策を教えます!
  • 妊娠中に旦那が飲み会!夫婦円満のためにはどう対応するのが正解?
  • 妊娠超初期の便秘がひどい!便秘薬を飲んでも大丈夫?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事