• 赤ちゃん
    赤ちゃんはコップをいつから使うの?離乳食を始める時期がチャンス!
    2016年2月17日
  • 不妊
    不妊治療の薬は太る?その理由と健康的に痩せるための方法
    2017年11月16日
  • 新生児
    新生児の鼻づまり解消法9+2選!病院は耳鼻咽喉科と小児科どっちがいいの?
    2016年2月28日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの虫刺され、腫れたときはどうする?正しい対処法
    2017年11月7日
  • 新生児
    出産祝いと内祝いの時期はいつ頃?違いや渡す時期に違いはあるの?
    2017年9月10日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのへそに黒いかたまり!放っておくと手術する場合も…正体は何?
    2016年2月3日
  • 新生児
    新生児が母乳を吐く原因とは?内蔵ってどうなってるの?
    2017年10月25日
  • 妊娠
    妊娠初期の風邪が赤ちゃんに影響するとどうなるのかまとめてみました!
    2016年3月10日
  • 赤ちゃん
    日本科学未来館のプラネタリウムの混雑を回避する3つの裏技を紹介!
    2016年3月11日
  • 妊娠
    妊娠初期症状と生理前の違いは?想像妊娠はどんな症状?
    2017年8月27日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの首が赤い3つの原因!全ての対策・予防方法を完全公開!
    2016年2月24日
  • つわり
    つわりでお風呂が辛い…そんな人のためのリフレッシュ法
    2017年11月24日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのうんちの色が緑だと危険!?色やにおい・形に注目!
    2017年10月18日
  • 出産
    出産したら退院後にすぐ出血しちゃった!その理由と対処法
    2017年11月15日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのスプーンはいつから?自分で食べてくれない問題をスッキリ解決!
    2016年2月4日
この記事も読まれています
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの月齢の数え方を紹介!意外と間違えやすいので改めて確認してみてはどうでしょうか?
    成長
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの耳が臭い原因は?思いがけない病気の可能性も…
    病気
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの歯磨きはいつから?知らないと絶対損する3つのポイント
    生活
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの眉毛が濃いと不安に思っているママへ!心配しなくても良い理由とは?
    育児
    赤ちゃん
    身体
  • 新生児
    新生児のしゃっくりが多い原因は?止め方と注意点を紹介!
    不安
    新生児
    育児

皆さんは、赤ちゃんの「お鼻のケア」ってどのくらいしていますか?赤ちゃんの鼻腔ってとっても小さいんですよね。風邪をひいていなくてもすぐに鼻水や鼻くそが溜まってしまいます。だから、少しでも鼻がつまるとけっこう息苦しそうにしていて見ているとかわいそうになってしまいます(泣)

赤ちゃんは生後3か月まで口呼吸が上手にできないといわれているので、その間に鼻が完全に詰まってしまうと呼吸困難が起きたり、最悪なケースだと窒息の恐れがあります。そんなことは何があっても防ぎたいですよね!

今回は、赤ちゃんが鼻詰まりを起こしたときにすぐにできる鼻づまり解消法をご紹介していきます!毎日お手軽にできるような簡単なものばかりになりますので、できるだけこまめに赤ちゃんのお鼻の様子を観察してあげてくださいね♪

スポンサーリンク

どうして鼻が詰まるの?


そもそも、赤ちゃんの鼻ってどうして詰まるの?大人とはどう違うの?そんな疑問から解決したいと思います!

新生児から乳幼児は基本的に鼻呼吸をしているのですが、鼻の粘膜はとても敏感なんです。室内の空気の乾燥や汚れだけでも、すぐに鼻づまりを起こしてしまうのです。

また、2~3時間おきに母乳やミルクも飲んでいるので、喉の周りに母乳やミルクがまとわりついてしまうことも鼻づまりの原因になります。

そして秋から冬の寒い時期に多くなってくるのが、風邪や感染症。生後6ヶ月までの赤ちゃんは母乳の免疫で風邪をひきにくいとされています。
ミルクで育てている赤ちゃんや生後半年以降の赤ちゃんは風邪をひきやすいので注意!大人同様、風邪も赤ちゃんの鼻づまりの原因の1つです。

人間の身体は細菌やウイルスが侵入してこないように、熱や鼻水などの一般的な風邪の症状を起こします。
特に鼻は身体への入り口でもあるため、細菌やウイルスが鼻の粘膜を攻撃しやすく、炎症を起こして鼻水が出やすくなります。

鼻水は病原体の侵入をブロックしていくれているのですね。

そしてアレルギーの原因である花粉やスギ、ハウスダストなどを吸い込むと、細菌やウイルスの時と同じように鼻水が作られて、身体への侵入をブロックする役割もあります。

ウイルスや細菌の侵入を防ぐべく、健康な人の場合で鼻水は1日なんと6L程度作られているといいます。
新生児が鼻詰まりしやすいのは、鼻水の分泌量が大人並みであるのにもかかわらず、鼻が低くて鼻の穴も小さいからなのです。

鼻水や鼻くそ自体は外の温度や湿度との調節をしようとしている証ですから、鼻水が出たからといって必ずしも風邪や病気とは限らないということです。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

おうちでカンタンにできる鼻づまり解消法!


「じゃあどうすれば鼻づまりを解消できるの?」と思う方、是非これから紹介する方法を試してみましょう!まずは一通りすべて試してみて、自分が実践しやすかったり赤ちゃんに合っていたりするやり方を見つけてみてください♪

綿棒や鼻水吸い器を使う


一番簡単で実践しやすいのは、細めの綿棒や鼻水吸い器を使うことです。
綿棒の場合は入口付近のものを取るのに適しています。ただ、あまり奥までぐいぐい入れると赤ちゃんも嫌がって暴れてしまい、その反動で鼻の粘膜を傷つけて鼻血が出てしまったりするので気をつけましょう。くれぐれも、奥に押し込んだりしないように!

ちなみに私は、綿棒の先端にベビーオイルをつけて、かたい鼻くそを柔らかくしてから取り出すようにしています。

もう一つは市販で売られている、鼻水吸い器です。ペン型の吸い口を鼻穴にあて、自身の息で吸い込むタイプが一般的ですね。鼻水が直接口に入らないよう、間接的にコップのようなものがついているため接触する問題はありません、値段も1000円前後で購入できるものがほとんどなので、お財布にも嬉しいですね♪

お値段は高くなりますが、鼻水を自分の息で吸い込むのに抵抗がある人は、動の吸引器を試してみるのもいいでしょう。

蒸しタオルで鼻をあたためる


蒸しタオルで赤ちゃんの鼻の付け根を温めてあげるのも効果的です!私は、ハンドタオルかガーゼを濡らした後に500Wの電子レンジで1分加熱して粗熱をとったものを子供の鼻に乗せていました。この方法で鼻の通りがかなり良くなりましたよ!

特に冬の鼻水は乾燥によりカチカチに固まっている、粘っこい鼻くそになっていることが多いですよね。
入口ではなく鼻の奥で鼻水が固まってしまって、綿棒などでは取りにくい場所に鼻水がある場合にオススメですよ。

また、鼻づまりでもお風呂に入れてあげると赤ちゃんの体温が上がって鼻の通りが良くなります!
ただし、あまり長湯にすると赤ちゃんが体力を消耗してしまうので気をつけてくださいね。

加湿器があるお家であれば、赤ちゃんの近くに置いてあげるといいですね。
加湿器は保温効果だけでなく保湿効果・粘膜の乾燥予防・ウイルス感染予防など、体調管理にとっても効果的なのです!

母乳で点鼻薬をつくる


赤ちゃんの鼻づまりを解消する方法のひとつに「母乳点鼻薬」というものがあるのをご存じでしたでしょうか?私は小児科の先生に聞くまで全然知りませんでした(笑)。
やり方は母乳を少しだけ搾ってから細いスポイトなどを使い、赤ちゃんの鼻の中に2~3滴入れるだけ。

母乳を入れた後は、鼻を少しつまんでほぐしてあげると、ティッシュや綿棒などで取れやすくなりますよ。

母乳はママの血液で作られているので抗炎・抗菌作用が非常に高く、炎症による鼻づまりには効果的だそうです。
ただ、母乳を使用するときは必ず搾りたての母乳を使うことが大切です!粉ミルクでは代用できませんのでご注意ください。

またこの方法は、鼻の粘膜が弱く薬もまだ飲めない新生児~乳幼児が、鼻詰まりが原因で息苦しそうにしているときの一時的な対処法となります。
あまりにも症状がひどいときや長期間続く場合は、小児科を受診するようにしましょう。

▲目次に戻る

まとめ


赤ちゃんは口呼吸が苦手なので、鼻づまりになってしまうととても辛そうですよね。

鼻が詰まりやすく窒息の危険性も高まってしまうため、こまめに鼻づまりをケアして赤ちゃんの様子を見てあげてくださいね。
特に鼻水は風邪かどうか判断に迷いわかりにくいことも多いです。でも早めに対処すればすぐに症状がおさまったり、風邪の場合は悪化させずに済むこともあります。

焦らずによく経過を観察しておくことが大切です!

はじめてのことが連続の時期で色々と大変ですが、こまかな気配りとケアで赤ちゃんの過ごしやすい環境をつくってあげましょうね♪

▲目次に戻る


スポンサーリンク
関連キーワード
赤ちゃんの関連記事
  • 赤ちゃんの歯茎が白いのは何かの病気?歯並びや乳歯への影響は?
  • ゾビラックス軟膏の効果と副作用!水疱瘡には本当に効くの?
  • 赤ちゃんに白湯はいつから飲ませるの?意外なメリットとは?
  • 赤ちゃんはコップをいつから使うの?離乳食を始める時期がチャンス!
  • 赤ちゃんの喉がつまる原因と対処について、知っておくべき3つのこと
  • 赤ちゃんの障害はいつわかる?自閉症や発達障害の原因は?
  • 離乳食で豆乳はいつから?余った時に使える簡単オススメレシピを紹介!
  • 赤ちゃんのへそに黒いかたまり!放っておくと手術する場合も…正体は何?
  • 赤ちゃんをげっぷさせるコツ3選!意外と知らない魔法のテクニックを紹介!
  • 赤ちゃんの身長が伸びない原因は?低身長症(成長障害)の可能性も…
  • 赤ちゃんはケーキをいつから食べていいの?身体への影響は?
  • 神戸どうぶつ王国へクーポンよりも安く入場する裏技とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事