この記事も読まれています
  • 陣痛とお腹の張り、違いは?妊婦さんが知っておきたいポイント
    出産
    陣痛とお腹の張り、違いは?妊婦さんが知っておきたいポイント
    出産
    育児
    陣痛
  • 赤ちゃんのスプーンはいつから?自分で食べてくれない問題をスッキリ解決!
    赤ちゃん
    赤ちゃんのスプーンはいつから?自分で食べてくれない問題をスッキリ解決!
    育児
    赤ちゃん
    食べ物
  • 赤ちゃんにパンはいつからOK?食事の注意点とアレルギーの際の対処法
    赤ちゃん
    赤ちゃんにパンはいつからOK?食事の注意点とアレルギーの際の対処法
    育児
    赤ちゃん
  • 新生児のお風呂の時間は決まっているの?ベストなタイミングを教えます!
    新生児
    新生児のお風呂の時間は決まっているの?ベストなタイミングを教えます!
    新生児
    生活
    育児
  • 離乳食でだしはいつから使っていいの?種類は?
    赤ちゃん
    離乳食でだしはいつから使っていいの?種類は?
    育児
    赤ちゃん
    食べ物

良く耳にする妊娠初期症状のひとつに「胸の張り」があります。
生理中にも胸が張るという人も多いので、女性なら胸が張るという感じはわかるのではないでしょうか。
今回は、妊娠による「胸の張り」が起こる理由についてご説明します。

スポンサーリンク

妊娠すると胸が張る?


個人差はありますが、妊娠中に胸の張りを感じたことのあるママは少なくありません。
早い人だと、受精卵が着床後すぐ、生理予定日1週間前からはじまるとか。

妊娠初期だけでなく、妊娠中期・後期にも見られますが、多くの場合、次のような症状が見られると言われています。

  • 胸全体が張ったような感じがする
  • 乳房がズキズキと熱を持ったように感じる
  • 乳首の周りに何か違和感を覚える
  • 乳首が衣服などに触れると痛む
  • 張りだけでなく、かゆみを感じる

など、生理中の胸の張りと同じような症状があります。
生理予定日あたりから胸の張りを感じる場合、生理のときより症状が強く出たり、生理予定日を過ぎても継続していたりしたら、妊娠による胸の張りかもしれません。

また、妊娠初期はこのほかにもつわりがあったりして、余計に胸の張りを不快に感じることもあるかもしれません。

では、なぜ妊娠すると胸が張るのでしょうか。
次に妊娠すると胸がある原因についてご説明します。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

どうして妊娠すると胸が張るの?


ズキズキとした胸の張りを感じるのは妊娠初期症状としてよく聞かれますが、妊娠中に最も胸が張るのは、実は妊娠中期から後期にかけてです。

また、妊娠初期症状としての胸の張りと、妊娠中期以降からの胸の張りはどちらもホルモンの影響ですが、その目的は異なってきます。
妊娠初期症状の胸の張りの原因は、子宮の発達を促すために分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの影響により引き起こされます。

この時期は同時にプロゲステロン(卵胞ホルモン)も分泌されることで、子宮の発達だけでなく、母乳を作るための乳腺組織や母乳が通過する乳管の成長も急激に行われます。
そのため、痛みが強くなり、ズキズキとした胸の痛みを感じやすくなります。

妊娠中期以降の胸の張りの原因は、授乳の準備のために分泌されるエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンの影響により引き起こされます。
この時期からの乳腺の発達は、本格的に赤ちゃんに母乳を上げるための準備となります。

▲目次に戻る

妊娠初期の胸の張り対策


妊娠中はホルモンによって、生理中よりも強い胸の張りを感じるママも多いようです。

胸にズキズキとした痛みを感じたり、ずっとかゆみが引かなかったりしたら辛いですよね。
直接胸の張りを抑えることは難しいのですが、緩和させる方法はありますので胸の張りに悩んでいたら、ぜひ試してみてくださいね。

アンダーウェアに気を付ける

胸の張りを感じるときは、できるだけ締め付けの少ない下着を着用するようにしましょう。

具体的には、ワイヤーの無いものやマタニティ専用のもの、普段よりワンサイズ大きいものなどを選んでみましょう。
衣類の擦れによる痛みが強いときは、家にいるときはブラジャーを外したり、ブラトップなどのキャミソール一体型のものを使用してみると痛みは和らぐようです。

お風呂はぬるめにして体を温めすぎない

お風呂に浸かるなどして体を温めると、胸の張りは強くなる傾向があるようです。

張りや痛みが強いときは、ぬるめのお湯にさっと浸かるだけにするかシャワーだけで済ませるようにしましょう。
また、洗うときもやわらかいタオルを使うか、手で優しく洗うようにしましょう。

胸を冷やす

胸の張りや痛みが強いときが、冷やしたタオルで痛みが和らぐまで冷やすのも効果的。
しかし、必要以上に冷やしたり、乳頭を冷やすのは避けましょう。

▲目次に戻る

妊娠による胸の張りはいつからいつまで?


妊娠による胸の張りの感じる時期は個人差が大きいです。

早い人だと、妊娠検査薬を使用する前から、生理前から生理予定日を過ぎても胸の張りを感じ、「もしかして妊娠?」と気づく方もいるようですが、多くのママはつわり中から妊娠中期の頃までに感じるようです。

では、いつまで胸の張りを感じるものかというと、これも個人差があります。

妊娠による乳腺の発達は、産後赤ちゃんに母乳を与えるための準備なので、発達した乳腺は産後、母乳を与え終えるまで保たれます。
人によっては出産まで胸の張りが続くようですが、妊娠中の症状というのは本当に人それぞれで全く異なります。

また、妊娠初期にズキズキとした胸の張りを感じた人でも、妊娠中に突然張りを感じなくなった、という経験をしたママもいるようです。

これは、乳腺組織などの急激な成長が一段落したためだと思われますので、急に張りを感じなくなったとしても安心してくださいね。

そのため、胸の張りがなくなったからと言って流産しているとは限りません。
多くの場合、流産の兆候としてはおなかの激痛や不正出血、妊娠初期に基礎体温の低下などが見られた場合の方が危険とされています。

しかし、すべての人が同じ症状というわけでもありませんので、少しでも不安があれば病院へ行って相談してみるのが安心ですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事