赤ちゃんのうんちは大人とは全然違うので、新米ママさんは驚くことが多いですよね。私も産院で初めて娘のうんちを見た時は、真っ黒だったので衝撃でした。

赤ちゃんのうんちは健康状態を知る大切なバロメーター。うんちの色や状態で、赤ちゃんの病気を早期発見できるんですよ。この記事を参考に、おむつ替えの際はしっかりチェックしてみて下さいね!

スポンサーリンク

赤ちゃんのうんちは体からのサイン!

生まれたての赤ちゃんのうんちは、実は真っ黒なんです。

タールのようなうんちは胎便と呼ばれていて、お腹で飲んでいた羊水の影響で黒っぽい色をしています。胎便は生まれてから数日で排出され切って、通常のうんちに変わります。

こうして正常になった赤ちゃんのうんちは、たいてい黄色っぽい色をしています。体調によっては緑色や茶色だったり、離乳食が始まると食べたものによって色が変わったりもしますね。

うんちの色もそうですが、においも大人とは違います。

うんちが臭いのは、食べものと一緒に取り込んだ細菌の死骸が、腸の中で発酵腐敗してにおいが発生するためです。

しかし赤ちゃんの場合は、おっぱいやミルクなどがメイン。これらは無菌状態の栄養源なのに加えて、赤ちゃんの腸内には善玉菌がたくさん集まっているので、腐敗臭ではなくすっぱいにおいがするのです。

また赤ちゃんが日に何度もうんちをすることが多いのは、うんちの排出指令を出す働きが未発達のためです。大人だったらある程度の量が溜まってから出されるこの指令が、赤ちゃんにはうまく機能していないので、うんちが直腸に溜まるたびに反射で排出されてしまうのですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

母乳とミルクでうんちが違う? 色やにおい、固さ、回数など

赤ちゃんが母乳を飲んでいるのか、ミルクを飲んでいるのかによっても、うんちの色などは違います。

母乳の赤ちゃん

  • 色:淡い黄色かカボチャのような鮮やかな黄色
    便秘気味だと緑色になることもあります
  • におい:ヨーグルトのような酸っぱいにおい
  • 固さ:ゆるめで、液状やペースト状など
  • 回数:月齢や赤ちゃんによっても違います。新生児の頃は母乳を飲むたびにうんちをすることもあり、1日10回以上うんちをすることも

ミルクの赤ちゃん

  • 色:黄色や茶色、緑色
  • におい:母乳に比べるとあまりありません
  • 固さ:腸内に長く留まる傾向があるため、固めで粘り気の多いうんち
    白いつぶつぶが混じることもありますが、ミルクに含まれるカルシウムや脂肪のかたまりなので、心配ありません
  • 回数:母乳に比べると少ないことが多いですが、個人差があります

▲目次に戻る

どうして緑色のうんちが出るの? 放っておいて大丈夫?

通常の赤ちゃんのうんちが黄色っぽいのは、肝臓から排出される胆汁の色素『ビリルビン』の影響を受けているからです。

ところがまれに、緑色のうんちが出ることがあります。これは以下のような原因が考えられます。

  • 便秘気味でうんちが腸に長く留まっていたり、ガスが多かったりするため
  • 腸内に常在しているビフィズス菌や乳酸菌、大腸菌などの細菌の変化や、腸内の㏗(酸性度)の違い

黄色や茶色、緑色は健康なうんちとされています。

緑色のうんちが出ても、食欲があって、赤ちゃんの様子が普段と変わらないようなら心配しなくても大丈夫です。もしも気になる様子があるようなら、念のために病院を受診してみましょう。

▲目次に戻る

注意すべきうんちの色とは? 白・黒・赤は危険なサイン!?

こんなうんちの色をしていたら、要注意です!

白いうんち

クリーム色や灰白色、白っぽいうんちは、病気のサインかもしれません。先天性の胆道閉鎖症や肝臓の炎症などの可能性があります。胆汁が流れにくくなることでうんちにビリルビンの黄色い色素が含まれずに白くなるからです。また、嘔吐を併発している時は、ロタウイルスかもしれません。

黒いうんち

血が混じる赤黒いうんちは、消化管の出血が原因かもしれません。腸の奥で出血した場合、血液とうんちが奥の方で混ざってしまうために黒っぽくなります。先程説明した通り、うまれてすぐの黒いうんちは、胎便と言われるものなので心配いりません。

赤いうんち

うんちにまだらに赤い血が混じっている場合は、排便による出血が起こっているのかもしれません。頻繁でなければあまり心配する必要はありませんが、便秘しているということなので、便秘対策をするといいですね。水分をまめに摂ったり、お腹のマッサージなども効果的です。
全体が赤く、イチゴジャムのようなうんちは特に注意が必要です。O-157などの病原性大腸菌やサルモネラ菌などに感染して腸炎になっている可能性があります。または腸重積症が引き起こされているかもしれません。

▲目次に戻る

まとめ

このように赤ちゃんのうんちの色は、体調の変化を伝えてくれる大切なものだということがわかりましたね。

様子がおかしくて病院を受診する際には、うんちの写真を撮っていくと、診断に役に立つようです。急な変化でもママが落ち着いて行動することが、赤ちゃんの病気を早期発見できる手掛かりになるのですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事