• 赤ちゃん
    赤ちゃんの頭にかさぶたが出来てしまった時の正しい4つの対処法!
    2016年2月14日
  • 赤ちゃん
    離乳食の2回食はいつから?簡単で栄養満点のおすすめ献立3選を紹介!
    2016年3月5日
  • 新生児
    新生児が起きない原因とは?病気やSIDSに要注意!
    2017年9月11日
  • つわり
    知らないと損する!つわりが落ち着くのはいつ?
    2017年11月18日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの髪の毛が逆立つ思わぬ原因とは一体なに?意外と知らない事実が判明しました!
    2016年2月13日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのアトピーはいつから症状が出るの?どんな病気・原因?
    2017年10月19日
  • 出産
    陣痛がこない原因って体質だから?!知って安心、3つの事実。
    2017年12月24日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの呼吸が早いとチアノーゼになりやすい!?呼吸音をしっかりと確認しましょう!
    2016年2月22日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの湿疹が治らない時にステロイドを塗ることは大丈夫なの?
    2016年2月13日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが好む白湯の作り方とは?水道水よりも安心安全な水とは一体…
    2016年2月23日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんが黄疸で入院!知っておきたい赤ちゃんの黄疸について
    2017年12月30日
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんは言葉をいつから話すの?クーイング・喃語って知ってますか?
    2016年2月18日
  • 出産
    出産したら退院後にすぐ出血しちゃった!その理由と対処法
    2017年11月15日
  • 赤ちゃん
    離乳食でだしはいつから使っていいの?種類は?
    2017年9月21日
  • 新生児
    新生児が寝ない原因は何?意外と知らない上手に寝かしつけるコツを紹介!
    2017年8月29日
この記事も読まれています
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのミルクはいつまで?フォローアップミルクをメインにまとめてみました!
    育児
    赤ちゃん
    飲み物
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんのへそに黒いかたまり!放っておくと手術する場合も…正体は何?
    病気
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの耳垢が湿ってる!その原因と対処法、ケア方法まとめ
    育児
    赤ちゃん
  • 赤ちゃん
    赤ちゃんの障害はいつわかる?自閉症や発達障害の原因は?
    病気
    育児
    赤ちゃん
  • 育児
    育児疲れで入院する前に…疲れの原因と心身のケア方法4選
    育児

赤ちゃんいたずら

赤ちゃんが生まれると、とにかく毎日忙しい!

ママは、息つく暇もありませんよね。

そんなある日、赤ちゃんの身長を測ってみると・・・
「あれ?あまり伸びてない?」なんてことも。

ここでは、そんなママの不安を取り除くために、赤ちゃんの身長についてまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの身長のめやすは?

自宅で赤ちゃんの身長を測ってみて、あれ?と思うことがあるかもしれません。

「思っていたより伸びが悪い・・・」

そう感じると、母乳やミルクが足りているのかどうか、または何かの病気じゃないのか、とママは不安になってしまいます。

ただ、焦りは禁物です。
まずは、落ち着いて、自分の赤ちゃんの月齢での身長の目安を確認してみましょう。

 

その目安となるのが、「成長曲線(パーセンタイル)」です。

乳幼児の成長曲線とは、全国の乳幼児の身長・体重データを10年ごとに集計し、その分布を曲線として表したもので、厚生労働省が集計・発表しています。

グラフは、母子手帳に載っていますので、月齢と合わせて確認してみましょう。
なお、男子と女子では曲線が異なるので注意しましょう。

 

これを確認することによって、その月齢での身長・体重の発育の目安がわかり、自分の赤ちゃんの発育状態が正常の範囲内なのかどうかがわかります。
このとき、身長だけでなく、体重とのバランスも合わせてチェックするようにしましょう。

▲目次に戻る

スポンサーリンク

身長の伸びが悪くなった!原因は?

基本的には、健康な乳児で、適正に母乳やミルクを摂取している場合、身長・体重は成長曲線のグラフ内に収まることがほとんどです。

伸び方には当然時期によってばらつきもありますので、
「先月は4センチ伸びたのに、今月は2センチしか伸びてない!」
などという場合も、極端に心配する必要はありません。

 

成長曲線内に身長・体重が収まっていて、ミルクの飲みが良く、健康診断などでも指摘を受けていない場合は、問題ありません。

また、常に成長曲線の下の方を追って行っている場合、ママは心配だと思います。実際に筆者の娘もそうでした。

 

ただ、どれだけ下の方でも、グラフ内に入ってさえいればそれは「平均身長の範囲」なので、心配しなくて大丈夫です。
ゆっくりと成長するのが、その子の個性だと思って受け止めましょう。

 

実際に、月齢の早いうちに大きくなったけれど、その後あまり伸びない赤ちゃんや、最初はスローペースでも結果的に背が高くなる赤ちゃんなど、成長のしかたは本当に赤ちゃんによって様々です。

▲目次に戻る

低身長症って?

赤ちゃんPC

ただ、あまりにグラフから逸脱して身長が伸びていない場合や、年間の身長の伸びが極端に緩やかな場合には、「低身長症(成長障害)」が疑われますので、注意が必要です。

低身長とは、同じ年齢の子の平均身長と比べて著しく身長が低い場合、または成長の速度が著しく遅い場合をいいます。

 

つまり、身長そのものと、身長が伸びる速度をめやすに判断を行います。

この判断に用いられるのは「SD値」という指標で、子どもの身長のばらつきを表す数値です。
身長が「-2SD」以下の場合、低身長であると判断されます。

 

低身長になってしまう原因は、成長ホルモンの不足や骨の問題なども色々と考えられますが、その多くはもともとの体質です。
逆に原因が体質ではない場合は、治療を受けることによって、低身長を改善することができる場合もあります。

 

いずれにせよ、あまりにも成長曲線から外れている場合や、身長が長い間伸びていなくて気になる場合は、早めに小児科を受診して相談しましょう。

特別な治療は必要?

全体の95パーセントの赤ちゃんは、身長・体重が共に成長曲線の中に入ります。

多少発育が悪いかな?と感じる時期があったとしても、赤ちゃんのミルクの飲みがよく、他に問題が見当たらなさそうな場合は、あまり神経質になりすぎずに、そのまま見守ってあげましょう。単なる停滞期であることがほとんどです。

 

ただ、明らかに成長が著しく阻害されている、止まっていると感じる場合は、医師に相談しましょう。

その結果、赤ちゃんが低身長と診断された場合でも、前述のようにそれが体質以外の原因であるケースでは、ホルモン治療などの治療行為を受けることによって改善が期待できるからです。

 

最近ではデパートなどの授乳室の中にも、ベビースケールとともに身長計を置いているところが多くなっています。

毎日自宅で神経質に身長を測る必要はありませんから、定期健診の間隔が空いてしまう時期にはそういったところを利用して、たまに赤ちゃんの発育具合をチェックしてあげるといいですね。

▲目次に戻る

スポンサーリンク
関連キーワード
赤ちゃんの関連記事
  • 赤ちゃんと犬はいつから一緒に住める?飼うときのメリットや注意点は?
  • 赤ちゃんが喜ぶ麦茶の飲ませ方は?効率良く水分補給させてみよう!
  • 赤ちゃんが耳をかく3つの原因とトラブル対処法!病気のサインの可能性も…
  • 赤ちゃんがテレビに近い時どうすればいいの?近づき過ぎない工夫は?
  • 神戸どうぶつ王国へクーポンよりも安く入場する裏技とは?
  • 赤ちゃんが黄疸で入院!知っておきたい赤ちゃんの黄疸について
  • 出産祝いの書き方とは?中袋にも書き方はあるの?
  • 赤ちゃんが顔をこすると出来る湿疹の正体とは?小児科へ行く前に確認!
  • 赤ちゃんの満腹中枢はいつからできるの?母乳育児の気になるポイント
  • 赤ちゃんの首が赤い3つの原因!全ての対策・予防方法を完全公開!
  • 赤ちゃんが好む白湯の作り方とは?水道水よりも安心安全な水とは一体…
  • 赤ちゃんの歯茎が白いのは何かの病気?歯並びや乳歯への影響は?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事